顔のたるみ対策
顔のたるみ対策
顔のたるみ、むくみを解消して小顔美人に!
年齢と共に顔の「たるみ」が気になってきたと、感じてきたことがありませんか?

皮膚は筋肉、皮下組織,真皮層、表皮という構造からなっています。

ヒアルロン酸などの物質が詰まっているのは、真皮層で、その中をコラーゲンなどの繊維が肌の内側から外側へ向かって張りをたもっています。

しかし張りのある肌も年齢と共に、ヒアルロン酸やコラーゲンが減少して繊維の代謝が悪くなり、紫外線などによって繊維が破壊されて張りも失われていきます。

真皮層の厚みがうすくなり、張りがなくなるのが「たるみ」です。

土台の筋肉が衰えることによってさらに、「たるみ」は進みます。
「たるみ」を防ぐには、土台となっている筋肉のトレーニングでスッキリ引き締めることです。

顔には表情筋という筋肉があります。
30代に入ると顔の筋肉が一気に衰え進行させてしまいます。
顔の筋肉(表情筋)が衰えると顔全体がたるんできます。
そこで、顔の表情筋を鍛えることが大事です。

表情筋はマッサージも効果的なので、顔をマッサージすることで血行が良くなり、老廃物も排出して筋肉がひきしまり効果大です。

年齢と共に減少してしまった、コラーゲンやヒアルロン酸などを摂取することにより、顔のたるみを防ぐことも出来ます。
美顔体操
★顔のたるみ
(1)まず、口を軽く閉じてから、唇を前へつきだすようにします。
(2)おもいっきり息を吸い込んで、頬がへこんだら5秒そのままにします。
(3)唇をすぼめたまま、5秒かけて頬に空気をため込み、ふくらませて5秒そのままにします。 
(4)5秒かけてゆっくりと息を吐き出して、元の自然な状態にもどしていきます。
☆1〜4を5回繰り返しましょう。


★ほほのたるみ
(1)まず、軽く口をとじてから、唇をとがらせてください。
(2)息を吸いながら頬のねんまくと、歯がぴったりつくまで頬をへこませます。
(3)今度は頬に空気をため込んでふくらませていきます。
(4)5秒かけてゆっくりと息を吐きながら、元の自然な状態にもどしていきます。
☆1〜4を5回繰り返しましょう。


★ほほのひきしめ・たれさがり
(1)まず、口をとじて、唇をとがらせた状態で突き出します。
(2)5秒くらいかけて、頬にふくまれた空気をゆっくり吸い込んでいきます。
(3)歯と頬のねんまくがピッタリついたら、5秒くらいそのままにします。
(4)唇をすぼめたまま頬に空気をためこんで、頬がふくらんだら5秒そのままにします。
(5)最後にゆっくり空気を吐き出し、元の自然な状態にもどしていきます。
☆1〜5を5回繰り返しましょう。


★顔のゆがみ
(1)まず、口を軽くあけたら、下唇だけをを少し前へ突き出します。
(2)鼻の下は動かさずに、下あごだけを5秒かけて右へずらします。
(3)今度は下あごを5秒かけて左にずらします。
(4)最後にゆっくりと自然な元の状態にもどしていきます。
☆1〜4を5回繰り返しましょう。


★フェイスラインの引き締め
(1)まず、5秒かけてゆっくり顔を上に向けてください。
(2)上をむいたままで、口を立てに開き5秒そのままにします。
(3)口を開いたまま今度は口を横に開き5秒そのままにします。
(4)口を閉じてから、ゆっくり元の自然な状態にもどします。
☆1〜4を3回繰り返しましょう。


★小顔
(1)まず、口を軽くあけます。
(2)5秒かけて口角をおもいっきり引き上げて、大きな笑顔の状態にします。
(3)歯と頬の内側の間に空間が出来るようにして、5秒そのままにしてください。
(4)最後にゆっくりと自然な元の状態にもどしていきます。
☆1〜4を3回繰り返しましょう。

HOME




レヴィサージュ【バリュー通販】
レヴィサージュは、2つセットの低周波美顔器で、しわ、たるみなどお顔の悩みをケアします。
15540(税込)

本気でダイエット・美容

アクセス解析
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO