シワ対策
シワ対策
近ごろ肌にハリがない。シワもふえたみたい!
こんなふうに肌の衰えが気になってきたら、身体の内側からもスキンケアが必要ですね。
特に美肌にはかかせないコラーゲンは、年齢と共に不足がちになります。
積極的に補給して、いつまでもみずみずしいお肌を保ちたいですね。
コラーゲンの役割
コラーゲンは美肌づくりにはもちろんのこと、たとえば骨の60%はカルシウムですが、これにコラーゲンが加わることによって、丈夫な骨が作られます。
またコラーゲンは目や毛髪の健康にも働くほか、関節の動きをなめらかにしたり、身体の免疫力も高めます。
シワになる原因
まず紫外線が大きな原因でしょう。
真皮に到達した紫外線は、お肌の弾力を保つ繊維(コラーゲン・エラスチン)にダメージを与え、その結果皮膚がくぼみ、深いシワが出来てしまいます。
他にもシワになる原因はあります。
化粧を落とさないで寝てしまうのは、要注意です。

お肌の再生は睡眠中に作られています。
化粧をしたまま寝ると言うことは、シミやシワを作って下さいと言っているようなものです。
当然新陳代謝がにぶり、キレイなお肌は作られなくなります。

皮膚の乾燥もシワの原因です。
乾燥すると、表面の角質細胞が変形して、そのすき間から水分が蒸発してハリを失い、シワになるのです。
シワの解消法
★目の下のシワ
(1)鼻の下をのばします。
(2)白目が出るくらいまで眉毛を上に引き上げます。
(3)そのままの状態で下まぶただけを引き上げて、5秒そのままにしてください。
(4)最後に元の自然な表情にもどします。
☆1〜4を5回繰り返しましょう。


★目の下のシワ・たるみ
(1)唇を開けて、5つ数えながら鼻の下をのばします。
(2)あごを引いて、目線を天井に向けたままで5秒そのまま。
(3)目が完全に閉じる寸前まで、下まぶたを引き上げて5秒そのまま。
上手に出来ない人は、人さし指で軽くささえてください。
(4)最後にゆっくり顔を元の自然な表情にもどします。
☆1〜4を3回繰り返しましょう。


★目じりの小ジワ
(1)まっすぐに正面を向き前方を見ます。
(2)下まぶたを引き上げていく要領で目を細めていきます。
(3)閉じる手前で緊張させて、5秒そのままにします。
(4)最後にゆっくり元の自然な表情にもどします。
☆1〜4を5回繰り返しましょう。


★眉間のシワ
(1)眉と眉を内側下方向に、5秒かけて引き寄せます。
(2)目を細めたままで、両方の眉だけ斜め外側上方向へ引き上げ、5秒そのまま。
(3)上がりきったところで、5秒そのままにします。
(4)最後にゆっくり元の自然な表情にもどします。
☆1〜4を3回繰り返しましょう。


★額の横のシワ
(1)うす目を開けた状態をキープします。
(2)今度は目を大きく見開いて、同時に眉も5秒かけて上げます。
(3)最後にゆっくり、うす目の状態にもどします。
☆1〜3を3回繰り返しましょう。


★鼻の横の縦ジワ
(1)口角をゆっくり引き上げ笑顔を作ります。
(2)唇は閉じたまま、右の口角を5秒かけ斜めに引き上げます。
(3)そのまま右目を閉じて、5秒そのままにします。
(4)最後にゆっくり元の自然な表情にもどします。
☆1〜4を3回繰り返しましょう。


★鼻のつけ根の横ジワ
(1)唇を軽くとじて、鼻のつけ根の筋肉のように意識を集中します。
(2)小鼻をだんだん引き上げながら、うす目の状態になります。
(3)うす目のままゆっくり鼻の下を伸ばしながら、眉を引き上げ5秒そのまま。
(4)最後にゆっくり元の自然な表情にもどします。
☆1〜4を3回繰り返しましょう。


★首のシワ
(1)5秒かけてゆっくり上を向いて、天井と水平になるまで上げます。
(2)下唇を5秒かけて突き出し、下あごから首にかけておおっている「広頸筋」を伸ばします。
(3)上唇も5秒かけて突き出して、最大限のところで止めておきます。
(4)最後にゆっくり顔を正面にもどし元の自然な表情にもどします。
☆1〜4を3回繰り返しましょう。

HOME







本気でダイエット・美容

アクセス解析
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO