水ダイエット
水ダイエットとは
ミネラル分、とくにカルシウムが含む水を飲むことによって、腸を吸収させて便通をよくし、ダイエット効果をあげます。

もうひとつは、食事をしながら水を飲むことで食事時間をのばし、血糖値をゆっくり上げることによって、脂肪を体内にため込む働きのあるインシュリンの分泌を抑えるのです。
ムダなインシュリンの分泌が抑えられれば、脂肪もたまりにくくなり、太りにくくなるのです。

一度に何リットルもの水を飲むよりも、食事のときに一口ごとに水を飲むことがポイントになります。
水を飲めば、満腹感も早く感じられ、食欲も当然落ちます。

水を飲みすぎると水太りすると思われている人はたくさんいると思いますが、水を飲んで太るということはありませんので心配しないで下さい。

★注意
「水だけを飲んでればいい」というダイエットではありませんので、誤解しないで下さい。
食事もきちんとしなければ、多少のミネラル分は取り込むことができても栄養不足になりますので、きちんとした栄養素は取り入れてください。
便秘解消や美肌作りに
筋肉は80%近くが水分です。
体内の水分が不足すると、血液もドロドロになり、老廃物や、疲労物質が排出しにくく、体内に毒素が溜まりやすくなります。

また、水太りの解消にも水は重要です。
水分代謝が悪いと、体内に水分が溜まりやすくなり、むくみの原因になります。
むくみがちな人ほど水を飲んで、体の水分を循環させてあげるようにしましょう。
水のパワー
1)水には血液の流れをよくしたり、内臓の働きを活性化したり、発汗作用を促すなど、体内のいろいろな活動を活発化させる働きがあります。

また、新陳代謝によって生じた老廃物を尿として体内から排出させるためにも水は重要です。
体液の循環がスムーズになれば全身の細胞も活発になります。

2)汗や尿とともに、水分と一緒に出てしまうミネラル。
本来なら日常の食生活で十分取れるはずのミネラルも現代人は不足しがちです。

ミネラルウォーターは、体に足りないミネラルを補給してくれて、しかも、カロリーゼロ。
体内の水は、健康であれば不要な分は排出されるのでいくら飲んでも安心です。
水ダイエットのポイント
1)ダイエットに取り組みたい人は、硬度の高い水をおすすめします
硬度とはミネラルウォーターに含まれるカルシウムとマグネシウムの含有量から算出された数字です。

一般的に硬度100以下が軟水、300までが中硬水、それ以上が硬水といわれています。
硬度の高い水ほど、マグネシウムやカルシウムが豊富です。
マグネシウムやカルシウムは、ダイエット中のストレスを鎮める作用もあります。

2)水のパワーを効果的にするのには、飲むポイントがあります。
●便秘の人の場合  
まず起きがけに1杯常温の水を飲むとよいでしょう。
胃腸が目覚め、体のリズムが整います。

●消化不良の場合 
消化不良はガスの発生や便秘のもとです。
食事と一緒に水を飲めば,消化吸収が促されます。

●食べ過ぎた場合 
食べ過ぎをおさえたい人は食前に飲みましょう。
胃液がうすまって、食欲がおさえられます。

3)1日に取り入れたい水の量は1〜1.5リットルを目安にしてください。
代謝を活発にして体質を変えたい人は、2リットルくらいを小分けにして飲んでください。
少しづつ飲むと体に浸透しやすく、体内の水分量は常に一定を保っています。

飲んだ水を体温に近づけようとしてエネルギーが使われるので、じっとしていてもカロリー消費型のやせ体質になります。

ただやはり、あまりにも妄信しすぎて、水を一気に大量に飲むことは、体調をそこねる原因になるので注意が必要です。
なるべく食事のときに、上記のような飲み方で摂取するように心がけましょう。

HOME





酸素水・OXYGEN O2(オキシジェン オーツー)24本セット
通常の15倍の酸素を含む、酸素水
硬度301の硬水
5997(税込)


本気でダイエット・美容

アクセス解析
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO