時間差ダイエット
時間差ダイエットとは?
食事の時間やタイミングを変えるだけでやせる、ガマンしないダイエット。
同じものを食べてもいつ食べるかによって、太る場合とやせる場合があります。

「時間差ダイエット」は、日常生活で食べる量を調節することなく、たんに「食べるタイミング」や「食べる順番」を変えるだけでやせられる方法です。

同じものを食べていながら摂取する時間をかえたり、運動、食事の順番を工夫することで、食事を減らすのと同じ以上の効果があるのです。
面倒なことは一切ないダイエット法だと思いませんか?
糖質をグリコーゲンとして蓄積させる方法
1日3食きちんと食べて、食事前に運動をしましょう。
食事でとった糖質は消化されてブドウ糖になり、エネルギーとして使われなかったものが、グリコーゲンとして筋肉の中に蓄積され、余ったものがインシュリンの働きによって脂肪となって蓄積されます。

食事前の空腹状態のときに運動をすると、筋肉に蓄積されたグリコーゲンがエネルギーとして利用されます。
そこで、筋肉の中にまたグリコーゲンを蓄える余裕ができ、その後とった食べ物はグリコーゲンとして蓄積されやすく、脂肪になりにくくなります。
時間差によって血糖値の上昇をゆるやかにする方法
同じ量の食事でもゆっくり食べることでやせます。
食事をゆっくり食べれば血糖値もゆっくりあがります。
それによってインシュリンの分泌も少なくなり、その分体脂肪も増えにくくなります。

血糖値が上がり満腹感をえるまで20分かかります。
ですから、少なくとも20分以上は時間をかけて食事をするようにして下さい。
早食いは太るもとですよ。
副交感神経の休んでいる時間を利用する方法
人間の体は昼間は元気に活動して、夕方からは次の日に備えて休み、夜のうちにエネルギーを蓄えます。
昼間、内臓の働きを活発にするのは「交感神経」です。
夕方以降休ませようとするのは「副交感神経」の働きです。

インシュリンは「副交感神経」が働きはじめると盛んに分泌されるようになっているのです。
だから夜食べると太りやすくなるのです。

「副交感神経」の働いている夜に食べたものは、そのまま体脂肪になると思ってください。
同じものを食べるなら昼間に、「交感神経」が働いている間に食べるようにしましょう。
人為的に「副交感神経モード」を「交感神経モード」に切り替える方法
夕方以降に働く「副交感神経」ですが、夕食後30分以内に熱いシャワーを浴びることで「副交感神経モード」を「交感神経モード」に切り替えることができます。

42度以上のシャワーを3〜5分程度浴びます。
すると身体は軽い興奮状態になり交感神経が働きはじめるのです。

シャワーの代わりに軽いストレッチなどでも同じ効果があります。
そうすれば、インシュリンの分泌は抑えられ、脂肪がたまるのも防げるようになります。

逆に、夕食の前後にぬるい温度にのんびりつかってしまうと、身体は思いっきりリラックスしてしまい、すぐに「副交感神経」が活発に働いて、身体は「脂肪蓄積モード」に切り替わりますので注意してください。

HOME





本気でダイエット・美容

アクセス解析
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO