チョコレートダイエット
チョコレートダイエット
チョコレートダイエットと言っても、ただ食べればいいと言うわけではありません。
正しい摂取の仕方でなければ、逆にダイエットどころか太ってしまいます。
そんなことにならないように効果の出る食べ方をしましょう。

チョコレートの主原料はカカオです。
カカオの実はラグビーボールほどの大きさで、中にはカカオ豆がぎっしり詰まっています。
これがチョコレートの原料になるのです。
10年程前からカカオの健康効果が取りあげられるようになりました。
カカオの主成分
タンパク質、脂質、食物繊維、ミネラル、カカオポリフェノール、ビタミンA、ビタミンE、カフェイン、テオブロミンなどバランスの良い栄養食品があげられます。
中でもやせる効果が認められているのはカカオポリフェノールです。
カカオポリフェノールには3つのヤセル効果をもっているのです。

そしてチョコレートダイエットも、このカカオ分が高いチョコレートを摂取することが基本と言われています。
カカオポリフェノールの3つのやせる働き
《過食を抑える》
カカオポリフェノールは体内に吸収されると脂肪細胞にとどき、レプチンというホルモンを生みだします。
その働きは、レプチンの量が増えれば食欲が抑えられて、摂取カロリーを減らすことができるのです。

レプチンは脳で満腹中枢を刺激します。
すると満腹感がうまれるため、食べ過ぎを抑えてくれるのです。


《空腹感を抑える》
カカオが生むアディボネクチンという物質は、血糖値の上昇をおだやかにするので、血糖値の上昇を改善する働きがあります。
そもそも空腹感の原因は血中の糖の減少です。

アディボネクチンは血糖値の上昇をゆるやかにします。
すると、糖が長時間血中に滞在し空腹感が抑えられるのです。


《基礎代謝をあげる》
カカオポリフェノールによって基礎代謝がアップします。
実験の結果、同じカロリーのクッキーとカカオ70%チョコレートを食べると、チョコレートがクッキーの4倍も基礎代謝が上がっていることが実証されました。

その理由は、カカオポリフェノールの甲状腺ホルモンの分泌作用によって、甲状腺ホルモンの働きで、全身の血流が上昇してその結果、基礎代謝がアップしたのです。
正しいチョコレートの取り方
1、カカオ分70%以上のビターチョコレートがダイエットに効果があります。

2、1日50グラムを目安に摂取する。

3、朝、昼、晩の食前に食べるのが基本です。(50グラムを3回に分ける)

カカオ含有率の目安
・ミルクチョコレート   ………カカオ 21%〜35%
・スタンダートチョコレート………カカオ 35%〜50%
・ビターチョコレート   ………カカオ 50%〜60%
ヤセル4つの法則
1日の摂取カロリーが多く間食好きな人に効果的
今まで食べていた間食を、ビターチョコレート(カカオ70%)に変えることにより、1日の間食量が大幅に減少します。
つまり摂取カロリーが減少するのです。

食欲が抑制され摂取カロリーが減少します。


基礎代謝がおちている中高年の人に効果的
・カカオポリフェノールの基礎代謝アップ効果は、もともと代謝の悪い人ほど効果的なのです。


男性より女性の方が効果的
女性は男性よりも基礎代謝が低いので、男性より女性の方がヤセル確率は高いのです。
普段から甘い物を食べている女性の方が効果的といえます。


便秘気味の人にチョコレートは効果的
チョコレートに豊富に含まれている食物繊維が大変効果的です。
1週間で便秘が改善されたと言う人もいます。


1、間食が好き
2、40歳以上である
3、男性より女性
4、便秘気味である

このうち1つでも当てはまるようでしたら、チョコレートダイエットに適していますので試してみてください。


★最後にチョコレートでヤセる理由をまとめてみましょう。

カカオポリフェノールの3つの働き
・過食を抑える働き

・空腹感を抑える働き

・基礎代謝を上げる働き

(豊富な食物繊維によるダイエット効果) 
カカオ70%ビターチョコレート(50グラム)のエネルギー量は350kcalです。
ご飯にしたら2杯分、ウォーキングなら60分以上です。
食べ過ぎないように正しい摂取を心がけてください。


注意
カカオチョコレートにはチラミンという物質が入っていますが、体質的にカカオチョコレートを食べるとチラミンの働きで、頭痛や吐き気が起きる場合があります。

アレルギー体質の人は、血管の収縮拡張が低下しているため、チラミンの影響を受けやすいので気をつけてください。

高カカオチョコレートを食べて、頭痛や吐き気がしたときは要注意です。

HOME








アクセス解析
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO