ダイエットメニュー

HOME

DIET

BEAUTY





BBS





熱中症対策とケアについて

熱中症は、高温の環境の下で身体の中
の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れたり、体内の調整機能が壊れて
起こります。場合によっては死にいたることもありますが、予防法を知っていれば防ぐことが出来、応急処置を知っていれば救命もできます。戸外や、スポーツ中にだけ起こるわけでもありません。室内で安静にしていても、温度、湿度が高い環境のもとでは、幼い子供や高齢者は脱水症状に陥りやすく、熱中症の発症にとくに気を配らなければなりません。症状により、
熱中症1度(軽症)
熱中症2度(中程度)
熱中症3度(重症)
の3つに分類されます。

1度)・・・めまい・失神筋肉痛・筋肉の硬直・大量の発汗
(現場の応急処置で対応可能)

2度)・・・頭痛・気分の不快・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感
(病院への搬送が必要)

3度)・・・意識障害・けいれん・手足の運動障害・高い体温
(入院して集中治療が必要)



=予防=
1)暑さをさけましょう

室内でも通気をよくするなどして、暑い場所に長時間いることは避けましょう。外出時は、帽子や日傘などを活用して直射日光をさけましょう。

2)こまめに水分と塩分の補給を

スポーツドリンクなど、水分をこまめにとるようにしましょう。食事の工夫も大切です。汗は体内の塩分も一緒に排泄します。夏には塩分を効果的に取り入れる工夫も必要です。もちろんとりすぎには注意が必要です。冷麦などめんを食べる際に汁もひと口多く飲んだり、梅干を毎日1つ食べるようにしたり、スイカに塩をひとふりするなども良いでしょう。

3)急に暑くなる日に注意

室内の温度をこまめにはかりましょう。エアコンを切った車の中などはとても高温になり大変危険です。わずかな時間でも子供だけを車内に取り残すことは熱中症による死亡事故につながりかねません。急に暑くなった日に屋外で過ごした方や、久しぶりに暑い環境で活動した方は熱中症になりやすいので、暑さには徐々に慣れることが大切です。
DIET
ダイエットといっても様々な方法があります。
運動によるダイエットや食事によるダイエット。

しかしそのダイエットも正しい方法で行わなければ、正しい効果が得られません。

食事制限によるダイエットはすぐに高い効果を得られる場合もありますが、適度の運動を取り入れたダイエットの方が食事制限のみのダイエットよりもリバウンドもないと言われてます。

逆に運動をしていても食事に気をつけなければ、やはりよい効果を得られない場合もあります。

ぜひ下記にあるダイエットを参考に、魅力ある体を目指しましょう。
タオル運動 タオルを使った簡単ダイエット
ダンベル運動 ダンベルを使った引き締め運動
低炭水化物ダイエット 炭水化物以外を食べてダイエット
入浴ダイエット 入浴でカロリー消費・入浴中の運動
にがりダイエット にがりを使用した正しいダイエットとは?
有酸素運動 有酸素運動で体脂肪を燃やす
低インシュリンダイエット カロリー制限ナシのストレスフリーダイエット
寒天ダイエット 脅威の寒天パワー!
大豆ダイエット イソフラボン効果でキレイにヤセル
毒出しマッサージ お腹の毒出しマッサージでスッキリおなか
ヨーグルトダイエット ヨーグルトで腸内清掃・体脂肪も燃やす
お茶ダイエット カテキンとカフェインで脂肪を分解・燃焼
水ダイエット 知られざる水のパワーでダイエット
セルライト対策 セルライトって?!やせにくい体を改善
アミノ酸ダイエット アミノ酸+軽い運動で脂肪を燃やす
時間差ダイエット 運動、食事の順番を工夫してやせる
発芽玄米ダイエット お手軽簡単で健康にいいダイエット
チョコレートダイエット チョコレートのおいしいダイエット
朝バナナダイエット バナナで楽々ダイエット
その他のダイエット その他のダイエットのお話
ダイエットQ&A ダイエットの不思議・疑問を解決


[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス



いまさら人に聞けない 「ダイエット用語ミニ解説」


あ)・アミノ酸
タンパク質を構成する20種類の成分です。
そのうち体内で合成されないものを必須アミノ酸といい、食品からとる必要があります。
運動する前に摂取することで、脂肪燃焼を促進すると言われています。

・エストロゲン
女性ホルモンのひとつで、排卵の準備をするホルモンです。
40代後半から分泌が急激に減少し、更年期障害などの原因のひとつとされています。

か)・活性酸素
呼吸で体内に取り入れた酸素のうち約1〜2%が変化したものです。
過剰に増えると細胞を酸化させ、シミ、シワなどができやすくなったり、病気を誘発したり、老化の元凶といわれています。

・カテキン
お茶の渋み成分で、ポルフェノールの仲間です。
強い殺菌作用や抗酸化作用があります。
血糖値の急激な上昇をおさえ、脂肪の燃焼をサポートします。

・カルシウム
骨や歯をつくっている成分です。
血液や筋肉にも微量に存在し、情報伝達や筋肉の収縮、精神の安定などにかかわっています。
脂肪の合成をおさえる働きもあります。

・カロリー
熱エネルギーの単位です。
摂取カロリーが消費カロリーより多ければ、余った分が脂肪として蓄えられることになります。

・隠れ肥満
かくれ肥満は、体重は標準でも、筋肉量が少なく、体脂肪率がが高いことをいいます。
外見では判断できないため肥満だと気づきにくいタイプの肥満です。

・下半身肥満
下半身肥満は洋ナシ型肥満ともよばれ、主に下半身の脂肪組織に脂肪が蓄積するタイプの肥満です。
ウエスト周囲が男性85cm、女性90cm以下の場合、下半身肥満(洋jなし型肥満)となります。

・基礎代謝
臓器を動かす、呼吸をするなどの、安静状態で生きるために必要な最小限のエネルギー量のことです。
基礎代謝は加齢とともに低下し、消費エネルギーが少なくなるため、太りやすくなるのです。
 
・血中脂肪
血中脂肪は、血液の中に存在する脂肪です。
血液の中にある脂肪は、中性脂肪、コレステロール、脂肪酸です。

・クエン酸
酢や柑橘類などに多く含まれている酸味の成分です。
人の身体を弱アルカリ性に保つ働きがあります。
クエン酸は疲労の原因となる酸性物質を分解してエネルギーに変えるため、疲労回復に高い効果があります。

・血液サラサラ
血管内にコレステロールや糖が過剰になると、血液の流れが悪くなり、血のかたまりができやすくなります。
その結果、血管がつまると心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こすこともあります。
「サラサラ」は血液が健康な状態の目安になります。

・抗酸化
活性酸素による体の酸化を防ぐことです。
酸化を予防することで細胞が若々しさを保ち、老化を遅らせる効果が期待されます。
最近ではビタミンやフィトケミカル(植物性の機能性成分)などの抗酸化作用をもつさまざまな成分に注目が集まっています。

・コラーゲン
体の中の細胞や組織をつなぎ合わせる接着剤のような役割を果たします。
特に皮膚の奥の皮下組織は、コラーゲンが70%も占めて肌の弾力や水分を保持しているため、肌のハリを保つカギとなっています。

さ)・脂質
1gあたり9kcalと、大きなエネルギー源となる栄養素です。
ダイエットには大敵ですが、細胞膜やホルモンなどの材料として、体にはなくてはならない栄養素でもあるのです。
ダイエット中でも、動物性食品に多く含まれる飽和脂肪酸、食用油などに含まれる不飽和脂肪酸、魚介類などに含まれる多価不飽和脂肪酸をバランスよくとることが大切です。

・脂肪燃焼
体内に入った栄養素は、消費されなければ体脂肪として蓄えられてしまいます。
これが積もり積もって、肥満へとつながります。
この蓄積された脂肪を効率よく燃やすことが、体重減少につながります。

脂肪細胞
細胞内に脂肪をためておける細胞を脂肪細胞とよびます。
白色脂肪細胞は、細胞の80%が中性脂肪で占められている、脂肪を蓄積しておくための脂肪細胞です。
褐色脂肪細胞は、脂肪を燃焼させて体温を保持するための脂肪細胞です。

・脂肪酸
脂肪酸は、脂肪を構成する成分です。
中性脂肪は、グリセロールと脂肪酸でつくられています。
リン脂質はグリセロールと脂肪酸、リン酸などからつくられています。

・新陳代謝
新陳代謝は古い細胞が新しい細胞へ生まれ変わることです。
約4週間ほどのサイクルで生まれ変わっています。
ダイエットで血流や発汗を促進し、体を活性化させてエネルギー消費量を増やしたり、老廃物の排泄をスムーズにしたりする事を新陳代謝を良くすると言います。

・上半身肥満
上半身肥満はリンゴ型肥満とも言われ、上半身に脂肪が蓄積するタイプの肥満です。
ウエスト周囲が男性85cm、女性90cm以上の場合、上半身肥満(りんご型肥満)となります。

・消費エネルギー
基礎k代謝を含めて、体が使うエネルギーのことです。
摂取エネルギーより消費エネルギーが少なければ脂肪が体に蓄積され、運動などで消費するエネルギーが多いほどやせることになります。

・食物繊維
人の消化酵素では消化されない成分で、水に溶ける水溶性と、水に溶けない不溶性があります。
胃の中で水を吸って膨張する性質や、消化されずに腸の中の余分な糖質や脂質などを吸着して排出する作用があり、ダイエットに有効とされています。

・整腸作用
腸内環境を整える作用です。
ビフィズス菌などは、腸の中の悪玉菌を減らし善玉菌を多くする働きがあり、食物繊維は腸内の余分なものを排出することで整えます。
 
・セルライト
むくみの慢性化によって脂肪に老廃物が付着、あるいは脂肪細胞どうしがくっついてできる脂肪のかたまりで、凸凹したオレンジの皮のような状態です。
お尻や太ももなど、脂肪が多いところによくできやすく、セルライトができると脂肪層が厚くなり、肥満体質になります。

た)・大豆イソフラボン
大豆に含まれている黄色い色素成分で、フラボノイドの一種です。
体内で女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをすることから注目が集まっています。

・体脂肪率
体脂肪率は、体脂肪が体に占める割合です。
体脂肪率から肥満の度合いを判定できます。
一般に男性の適正な体脂肪率は15〜19%、女性は20〜25%とされています。

・タンパク質
筋肉や臓器、皮膚、血液、ホルモン、免疫物質など、体の多くの部分を構成する物質です。
20種類のアミノ酸からできています。

・中性脂肪 
中性脂肪は食物に含まれる脂質の主要成分で、一般には脂肪というと、この中性脂肪をさします。
常温で固体の”脂”は、飽和脂肪酸を多く含む中性脂肪で、動物性脂質と呼ばれ、主に食肉やバターなどに多く含まれています。
常温で液体の”油”は不飽和脂肪酸を多く含む中性脂肪で、植物性脂質と呼ばれ、主に植物油に多く含まれています。

・糖質
重要なエネルギー源です。
特に脳は糖質しかエネルギーとして使えないので、不足すると働きが鈍くなります。
米やパンなどの主食に多く含まれているため、どうしても多くとりすぎて太る原因になってしまいます。

は)・BCAA
分岐鎖アミノ酸のことで、体内で合成されない9種類の必須アミノ酸のうち、バリン、ロイシン、イソロイシンの総称です。
基礎代謝をアップさせる効果が高いです。

・皮下脂肪
皮下脂肪は、皮膚のすぐ下にある脂肪のことで全身に分布しています。
体脂肪の大部分が、皮下脂肪の中に蓄えられています。

・腹式呼吸
肩を上げないように、鼻からゆっくり息を吸い、その時はお腹が膨らむように吸って下さい。
息をはく時は、口からゆっくり吐いて下さい。そのとき、少し口をすぼめた感じで。
腹式呼吸は体力の消耗も少なく、呼吸の速度とか量をコントロールしやすい呼吸法です。

・ポリフェノール
フェノール構造をもつ植物成分の総称で、植物の色素や苦味、渋みなどに含まれています。
カテキン、タンニン、アントシアニン、イソフラボンなど、さまざまな種類があります。
強い抗酸化作用があり、活性酸素を除去して、老化やがんを防ぐ作用をもっています。

ま)・免疫力
病原菌やウイルスなどから体を守る力です。
私たちの力は、異物が体内に入ると、それを死滅させたり抗体をつくったりして防御する機能をもっています。
免疫力が弱まると、カゼや病気になりやすくなります。

や)・有酸素運動
全力疾走などの激しい運動は、肺からの酸素が足りなくなり無酸素運動になります。
有酸素運動は、ウォーキング、ジョギング、スイミングなど、無酸素運動にならない程度の運動です。
激しい運動より、有酸素運動のほうが脂肪の燃焼率は高いので、ダイエットに適しています。


SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO